AGAと女性薄毛に関する治療

AGAとは、成人男性に見られる薄毛のことです。特徴としては、額の生え際が後退していったり、頭頂部が薄くなっていったりします。日本人男性の多くが、この症状に悩まされており、現在では病院などでの治療もおこなわれています。

AGAの原因には、遺伝もありますが、男性ホルモンのはたらきも、密接に関係しています。AGAの場合、ジヒドロテストステロンという男性ホルモンの一種が、薄毛に関与しています。この男性ホルモンは、髪の成長期を短くする作用があり、髪が太く成長する前に抜け落ちるようになります。

そのため、産毛のような、薄く短い毛が増えて、薄毛になってしまうのです。ただし、産毛であっても、適切なケアをすれば、髪が太く成長する可能性は十分にあります。AGAは、進行していくものですので、放っておくと、どんどん薄毛がひどくなり目立ってきてしまいます。これは女性の薄毛も同様です。

そのため、早めのケアをおこなうことがもっとも重要です。病院などでは、AGA治療薬による治療もおこなっています。医療機関での適切な診察を受けたうえで、治療にのぞむことをおすすめします。また、日常生活でも、気をつけるべき点はいくつかあります。

まず、シャンプーの方法です。毛穴に汚れが詰まっていると、血行が悪くなり、抜け毛の原因にもなります。髪を洗う際には、指の腹でマッサージするようにして、毛穴の汚れを十分取り除くようにしましょう。また、食生活にも気を配る必要があります。とくに、たんぱく質や、ミネラルを多く含む食品は、髪の健康に良いと言われています。

私は大学生のころに大阪に住んでいましたが、そこでは魅力的なOLさんや社会人の女性が多かったです。その一方で、電車の中では髪が薄くなっている女性をチラホラ見かけました。女性の薄毛問題は社会問題化しており、今後は女性専用の薄毛クリニックなども増えていくものと考えられています。FAGAに瀰漫性、神経性脱毛症など今後はますます目にする機会が増えていくでしょう。女性 薄毛 病院 大阪