AGAの治療には育毛剤は効かないのか?

男性の薄毛や抜け毛の悩みの原因であるAGA。 AGAを改善するために育毛剤を使用しているという方も多いかと思いますが、中には育毛剤を使っても効かないとお嘆きの方もいらっしゃるようです。 果たしてAGAの治療には育毛剤は効かないものなのでしょうか?

結論から言えば、効くものもあれば効かないものもある、ということになるでしょう。 AGAというのは男性ホルモンが原因となって引き起こされるわけですが、育毛剤にその男性ホルモンを抑制するような成分が入っていなければ意味がありません。

育毛剤の中には頭皮の状態を改善したり、頭皮に栄養を与えたりといったものがあり、これはこれで薄毛の対策にはなりますが、AGAを食い止める作用にはなりません。 AGAを治療するためにはやはり男性ホルモンを抑制したりコントロールしたりするような成分が含まれている必要があります。

これから使おうとしている育毛剤がどういった成分で、どういった働きを持っているのかよくチェックしてから使用することをオススメします。

イケテるハゲの人の大きな特徴の共通点としてあるのが「明るさ」

髪の毛が薄い人やハゲの人でもイケテるハゲと呼ばれるような人が居ると思います。 そういう人の特徴として感じられるのは、ハゲていてもそのことに後ろめたさを感じていない人や堂々としている人が多いと思います。

またイケテるハゲの人の共通点を考えたら、明るく人気者の人が多いと思います。 ハゲの人は、ハゲている自分に負い目を感じて、暗くなりがちですから、やはり精神的な部分も大きいのではないのでしょうか。

その見た目によって、「人に変に見られる」「かっこ悪い」と考えるので、言動の方も暗くなってしまい、全体的な印象も悪くなってしまうのかもしれません。 ハゲはハゲなりのお洒落もありますし、内面を磨くことによって、素晴らしい自分とも出会えますから、ハゲてることに後ろめたく思わずに、イケテるハゲとして生活してみるのも良いと思いますよ。

中途半端なハゲなら全部剃ってみるとか、かっこ良いニット帽を被る等色々ありますし、イケテるハゲの人のほとんどは、明るい性格であるということを覚えておいて下さい。