AGAと女性薄毛に関する治療

AGAとは、成人男性に見られる薄毛のことです。特徴としては、額の生え際が後退していったり、頭頂部が薄くなっていったりします。日本人男性の多くが、この症状に悩まされており、現在では病院などでの治療もおこなわれています。

AGAの原因には、遺伝もありますが、男性ホルモンのはたらきも、密接に関係しています。AGAの場合、ジヒドロテストステロンという男性ホルモンの一種が、薄毛に関与しています。この男性ホルモンは、髪の成長期を短くする作用があり、髪が太く成長する前に抜け落ちるようになります。

そのため、産毛のような、薄く短い毛が増えて、薄毛になってしまうのです。ただし、産毛であっても、適切なケアをすれば、髪が太く成長する可能性は十分にあります。AGAは、進行していくものですので、放っておくと、どんどん薄毛がひどくなり目立ってきてしまいます。これは女性の薄毛も同様です。

そのため、早めのケアをおこなうことがもっとも重要です。病院などでは、AGA治療薬による治療もおこなっています。医療機関での適切な診察を受けたうえで、治療にのぞむことをおすすめします。また、日常生活でも、気をつけるべき点はいくつかあります。

まず、シャンプーの方法です。毛穴に汚れが詰まっていると、血行が悪くなり、抜け毛の原因にもなります。髪を洗う際には、指の腹でマッサージするようにして、毛穴の汚れを十分取り除くようにしましょう。また、食生活にも気を配る必要があります。とくに、たんぱく質や、ミネラルを多く含む食品は、髪の健康に良いと言われています。

私は大学生のころに大阪に住んでいましたが、そこでは魅力的なOLさんや社会人の女性が多かったです。その一方で、電車の中では髪が薄くなっている女性をチラホラ見かけました。女性の薄毛問題は社会問題化しており、今後は女性専用の薄毛クリニックなども増えていくものと考えられています。FAGAに瀰漫性、神経性脱毛症など今後はますます目にする機会が増えていくでしょう。女性 薄毛 病院 大阪

近頃女性薄毛が増加しているように思えるのはなぜ?

近頃、女性薄毛が増加していると言われています。 確かに女性用のかつら、育毛剤など、女性薄毛を想像させることがたくさんあります。 それだけ薄毛に悩んでいる女性が多いということが言えますが、いったいなぜ増加しているのでしょうか?

まず考えられることは、あらゆるストレスを抱える環境に置かれていることです。 仕事でも責任のあるポストにある女性は増えていますが、その仕事上のストレスに家庭のこと、人間関係などが合わさり、かなり強いストレスを感じます。 するとホルモンバランスは崩れますし、女性薄毛が悪化してしまうことが考えられます。

また、カラーリングやスタイリング剤など、様々な頭皮のストレスも考えられます。 朝からシャンプーをする女性も多いですが、シャンプーのし過ぎもよくありません。 睡眠不足、食事のバランスなど、現代の女性は髪によくない要因をとてもたくさん持っています。 そして女性薄毛が認知されてきたことにより相談しやすくなったというのも、増加したように思える原因のひとつでしょう。

前回も女性の薄毛について書いていますのでよかったらどうぞ。

若い女性の中にも薄毛に悩む人が増えてきている!?

男性と同じように責任の重い仕事、残業、そして育児や子育てとハードな生活。忙しく充実した生活を送っている女性の中には、薄毛に悩んでいて薄毛治療を望んでいるという方が増えてきているようです。

女性薄毛というと、年齢的な問題なのでは?と思いがちですが、まだ若い20代や30代の女性の中にも薄毛のトラブルを抱えているという方はおられるようです。薄毛になる理由は加齢によるものもありますが、女性ならではの出産によるホルモンバランスの変化、そして閉経に伴い更年期障害のひとつとしての女性薄毛もあるようです。

他にも、病気の治療で飲んでいる薬の副作用や、飲んでいる栄養補助食品や薬同士の飲み合わせが悪く、薄毛を導いてしまっているケースなどが考えられます。いつまでも若々しくいたい、ほとんどの女性はそう考えていますよね。髪のボリュームが少なくなってしまいがちな女性薄毛は、見た目年齢を上げてしまうため、女性には悩みの種。

また、女性薄毛は隠れた病気の影響という事もありますから、しっかりと原因を探って予防や対策、治療を行っていきたいですね。薄毛治療を東京でご検討されている方は男女問わずこちらをご参考にどうぞ。薄毛病院東京.biz